炭鉱向け情報システム開発の南京北路智控科技(301195/深セン)が8月1日、深セン証券取引所の創業板に新規上場した。公開価格71.17元に対し、初値は0.24%低い71.00元だった。終値は同5.54%安の67.23元だった。

 

 同社は2007年に南京北路自動化系統有限公司として設立した民営企業で、20年に株式会社化して現社名となった。炭鉱の情報化、インテリジェント化分・・・・

続きを読む