6月の雇用統計の結果を受け、135円台後半で推移していたドル円は136円56銭まで上昇。その後やや売りに押され、136円手前で越週。ユーロドルもドル高の勢いから1.0116まで下落。連日売られ、直近安値を記録する。株式市場はまちまち。ダウは小幅に下げたが、ナスダックは小幅ながら5日続伸。債券は雇用統計の結果を受け売られた。長期金利は3%台に乗せ、3.08%で引ける。金と原油は続伸。 8月失業率     ・・・・

続きを読む