フラッシュメモリーチップの設計を手掛ける深セン市徳明利技術(001309/深セン)が7月1日、深セン証券取引所のメインボードに新規上場した。公開価格は26.54元に対し、初値は20.01%高い31.85元だった。取引開始後さらに上昇し、終値は値幅制限いっぱいとなる同44.01%高い38.22元だった。

 

 同社は2008年設立の民営企業で、20年に株式会社化した。IC(集積・・・・

続きを読む