一進一退が続く為替相場だが、ついに1998年9月以来の1ドル=137円台を記録した。ここにきて、ドル高にピークアウトの兆候があったものの、マーケットは引き続きじわじわとドル高円安のトレンドを続けている。6月相場に続いて、7月もまたドル高円安のトレンドは続くのか……。外為オンライン・アナリストの佐藤正和さんに7月相場の見通しを伺った。 --1ドル=137円の大台を突破しましたが、7月もドル安は続くのでしょ・・・・

続きを読む