ドル円は株価の大幅安に伴うリスク回避の円買いと、CPIの上振れによる金利高が錯綜。133円52銭まで売られた後、134円台半ばまで値を戻す。ユーロドルは大幅に値を下げ、1.0506まで下落。株式市場は大幅続落。5月のCPIが予想を上回ったことから、FRBによる大幅な利上げ観測がさらに高まり、ダウは800ドル安。債券は大幅に続落。長期金利は3.17%台まで上昇。金は買われ、原油は続落。 5月消費者物価指数・・・・

続きを読む