ドル円は東京時間に134円56銭を付けたが、その後は売りが先行し欧州では133円19銭まで下落。NYでは長期金利が上昇したことで再び134円台半ばへ。ECBは定例理事会で7月に0.25%の利上げを行うことを決定。ユーロドルは1.0774まで買われたが、その後は景気減速に対する懸念から1.06台前半まで売られる。株式市場は大幅に続落。ECBの利上げ決定や米長期金利が上昇したことで3指数が揃って下落。ダウは638・・・・

続きを読む