自動車エンジントルクダンパー部品を製造する保定市東利機械製造(301298/深セン)が6月6日、深セン証券取引所の創業板に新規上場した。公開価格12.68元に対し、初値は106.70%高い26.21元だった。終値は同116.56%高の27.46元だった。

 同社は1998年設立の民営企業で、2014年に株式会社化した。自動車部品、石油バルブ部品などの研究開発、生産、販売を主業務としており・・・・

続きを読む