自動車用熱交換器を手掛ける威海邦徳散熱系統(838171/北京)が6月2日、北京証券取引所に新規上場した。公開価格7.00元に対し、初値は14.29%高い8.00元だった。終値は同27.86%高の8.95元。

 

 同社は2008年に威海友邦汽車零部件製造有限公司として設立した民営企業で、16年に株式会社化して現社名となった。熱交換関連製品の研究開発、生産、販売を主業務とし、・・・・

続きを読む