米長期金利が上昇し、ドル円は再び128円台を回復。128円88銭まで買われ、クロス円でも円全面安の展開。ドル高の流れが強まる中、ユーロドルは小幅下落。5月のCPIが過去最高を記録したことで、大幅な利上げ観測も。株式市場は反落。ダウは7日ぶりに下落。インフレ懸念が再び強まり、3指数とも軟調な動きに。債券は大幅に下落。長期金利は2.84%台まで上昇。金は反落。原油は大幅に買われ、119ドル台を付けたがその後急落。・・・・

続きを読む