ドル円は128円を挟みもみ合う。米長期金利が低下したことで127円60銭まで売られたが、勢いはなく128円手前まで反発。ユーロドルは1.05台で推移。7月利上げの可能性が高まるものの、景気減速懸念から上値も限定的。株式市場はまちまち。ダウは一時600ドル下げる場面もあったが、その後急回復し、プラスで引ける。ナスダックは33ポイント下げ、年初来安値を更新。債券は続伸。長期金利は2.78%台に低下。金と原油は中国・・・・

続きを読む