飼料添加物メーカーの山西大禹生物工程(871970/北京)が5月18日、北京証券取引所に新規上場した。公開価格10.00元に対し、初値は31.00%高い13.10元だった。終値は同16.70%高の11.67元だった。

 同社は2014年設立の民営企業で、16年に株式会社化した。飼料添加物(微生物製剤、飼料用酵素製剤など)、飼料、動物用医薬品の研究開発、生産、販売を主業務としており、動物の・・・・

続きを読む