中国市場における4月のIPOは低調だった。中でも、上海科創板と香港は、初値の公開価格に対する平均騰落率がマイナス圏に転落してしまった。上海科創板の新規上場銘柄数は16銘柄と前月(3月)実績を上回ったものの、11銘柄の上場初値が公開価格を割り込んだ。また、香港市場ではIPO銘柄がわずかに2銘柄だけだったが、ニューヨーク市場(NYSE)と重複上場になったQ&Aサイト運営の知乎(ZHIHU)が大幅な公開価格割れに・・・・

続きを読む