上海証券取引所のメインボードに上場している、浙江華友コバルト業(603799/上海)が4月28日、インドネシアでの年産12万トンのニッケル・コバルト混合水酸化物(MHP)生産プロジェクトを発表した。

 

 同社は2002年設立の民営企業で、15年1月に上海メインボードに上場した。新エネルギー分野のリチウムイオン電池材料の研究開発、製造を主業務としており、銅・コバルト・ニッケル・・・・

続きを読む