ドル円は上値の重い展開が続く。米長期金利の低下に121円28銭まで売られたが、今夜の雇用統計の結果を見極めたいとする姿勢が広がる。ユーロドルは反落。1.1061近辺まで売られる。株式市場は続落。引けにかけて下げが拡大し、3指数は揃って1.5%以上の下落に。債券は続伸。長期金利は2.33%台に低下。金は反発。原油は米政府が備蓄原油の大量放出を決めたことで大幅安となり、一時は100ドルの大台を割りこむ。 新・・・・

続きを読む