SBI証券は3月31日に、AI(人工知能)を使った投資一任サービス「SBIラップ」のサービスを開始する。1万円以上1000円単位で、世界の株式や債券、不動産やゴールド(金)に分散投資し、その時々の経済環境に応じて自動的に最適な資産配分に変更するファンドラップサービスだ。同サービスと同じアルゴリズムを使った運用サービスのパフォーマンスが優れているのみならず、運用に関する手数料率は業界最低水準を実現した。「SB・・・・

続きを読む