荒っぽい動きが続いているドル円はロシアとウクライナの和平交渉進展の報道に122円を割り込み、121円98銭まで下落。利益確定の円買いが優勢に。ドルが売られたことでユーロドルも大きく上昇。約2週間ぶりに1.1137まで買われた。株式市場は3指数が大幅に上昇。停戦に向けた期待からダウは338ドル高。S&P500は1月以来となる4600ポイント台を回復。債券は続伸。緊張が緩和されたことによる巻き戻しの流れから、長期・・・・

続きを読む