ドル円は東京時間の午後に急落し、121円18銭まで下げる場面があったが、その後欧州にかけて反発し、NYでは122円台を回復。122円25銭までドル高が進む。米長期金利の上昇が支えに。ユーロドルは小幅に下落。1.0981まで売られたが、底堅い動きが続く。株式市場はまちまち。ダウとS&P500は上昇したが、金利高にナスダックは22ポイントの下落。債券は大幅に続落し、長期金利は2.5%まで続伸。金は反落し、原油は反・・・・

続きを読む