ドル円は一段と上昇し、NYでは122円41銭と、約6年ぶりのドル高を示現。米利上げペースの加速化に加え、失業保険申請件数の減少など、良好な米景気もドル買いにつながる。ユーロドルは前日とほぼ同水準で推移。株式市場は3指数が揃って反発し、ともに1%を超える上昇。アップルなど大型ハイテク株の上昇が目立った。債券は売られ、長期金利は2.37%台まで上昇。金は続伸し、原油は反落。 3月マークイット製造業PMI(速・・・・

続きを読む