中国はロシアに対する経済制裁に加わっておらず、ロシア関連で受ける経済的な悪影響は小さいとみられる一方、新型コロナウイルスの再拡大によって深センなどがロックダウン(都市封鎖)に踏み切ったことによって景気に下押し圧力が強まっている。大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏は3月22日、「中国経済、相次ぐロックダウンに広がる暗雲」と題したレポート(全9ページ)を発表し、中国経済の現状について分析した。レポートの要・・・・

続きを読む