ドル円は一段と上昇基調を強め、120円台に乗せた後、欧州市場では121円03銭まで上昇。日米金利差や中銀の金融政策の違いなどが改めて材料に。ドル高が進んでいることからユーロドルは小幅に下落。1.10まで売られたが下げは限定的、円の下落がより大きく、ユーロ円は133円32銭まで上昇。株式市場は3指数が揃って反発。ダウは254ドル上昇し、ナスダックも270ポイント買われる。債券は続落。長期金利は一時2.39%台ま・・・・

続きを読む