上海証券取引所の科創板への上場を目指す上海仁度生物科技(688193/上海)が3月21日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。1000万株を発行予定で、公募価格は72.65元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。

 

 同社は2007年設立の民営企業で、20年に株式会社化した。リアルタイム蛍光核酸定温増幅技術(SAT)の特許を活かし、生殖器官、呼吸器、B型肝炎などの分・・・・

続きを読む