上海証券取引所の科創板への上場を目指す、首薬控股(北京)股フェン(688197/上海)が3月14日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。3718万株を発行予定で、公募価格は39.90元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。

 同社は2016年設立の民営企業。低分子薬品の創薬企業で、非小細胞性肺がん、リンパ腫、肝細胞がん、膵臓がん、甲状腺がん、卵巣がん、白血病などの腫瘍や、2型糖尿・・・・

続きを読む