米国が緩和的な金融政策を転換しようとする中、世界的なインフレ(物価上昇)とウクライナ危機が重なって起こって、証券市場のボラティリティ(価格変動率)が高まっている。市場の変動期に市場変動リスクを抑えて安定的な収益を獲得する手段として「リスクパリティ(リスク均等化)」といわれる運用戦略が利用されてきた。ただ、「リスクパリティ」は万能な投資戦略とはいえず、特に、金融引き締めの環境下ではパフォーマンスが低下するデメ・・・・

続きを読む