中国市場における2月のIPOは、1月と比較するとやや低調だった。2月は、米国株式市場をはじめ世界的に株式市場が低調で、中旬には北京オリンピックの開催があり、下旬にはロシア軍のウクライナ侵攻が始まった。不安定な環境の中だったが、上場銘柄数は香港を含む4市場で20銘柄と、1月の35銘柄を下回ったものの、初値の公開価格からの騰落率は1月の38.99%に対し、29.59%と高い水準を維持した。2月の各市場のIPO状・・・・

続きを読む