北京冬季五輪が閉幕し、中国はいよいよ3月5日に開幕する第13期全国人民代表大会(全人代)第5回全体会議に向けた政治の季節を迎えた。毎年注目される経済成長率目標だが、大和総研では「5%以上」に設定される可能性が高いとみている。大和総研経済調査部の齋藤尚登氏は2月18日に「中国:全人代、「5%以上」の成長は可能なのか」と題したレポート(全9ページ)を発表し、中国の経済指標を分析し、今後の経済政策を見通した。レポ・・・・

続きを読む