中国市場におけるIPOは、今年も活発に行われている。1月31日から上海、深セン、北京の本土市場が春節(旧正月)の休場(2月4日まで)に入り、2月1日からは、香港市場も休場(2月3日まで)しているが、香港市場においてこそIPO件数はやや減少しているが、中国本土市場では相変わらず旺盛な新規上場が行われている。今年1月の各市場別のIPO状況を振り返ってみたい。

 上海市場では、メインボードで今・・・・

続きを読む