大和アセットマネジメントが設定・運用する「脱炭素テクノロジー株式ファンド(愛称:カーボンZERO)」は、2021年7月12日の設定来、類似ファンド分類を大きく上回るパフォーマンスを続けている。特に、10月31日から11月13日まで英国グラスゴーで開かれていた「COP26」による気候変動対策が議論されていた期間は、世界的な関心が気候変動に集まり、ファンドのパフォーマンスも押し上げられた。同ファンドの今後の展望・・・・

続きを読む