中国の経済政策は、中央政府の強力な指導力によって安定的に進捗することが期待されるものの、米国との経済摩擦やコロナ禍など、外部要因によって揺さぶられることがある。「共同富裕」を掲げる習近平体制の下で2022年の中国経済はどうなるのだろう? 大和総研経済調査部の主席研究員の齋藤尚登氏は12月14日、「中国:三重苦の中、22年は何より安定重視」と題したレポート(全4ページ)を発表した。レポートの要旨は以下の通り。・・・・

続きを読む