「オミクロン株」の感染が初めて米国内で確認され、株安、金利低下が進んだことでドルが売られる。ドル円は112円68銭まで売られる。ユーロドルは1.13台で推移し、1.1357まで反発。株式市場は大幅続落。ダウは、朝方には500ドルを超える上昇を見せたもののその後失速。米国内で「オミクロン株」の感染者が出たことや、早期の利上げ観測が重荷となりダウは461ドル安で引ける。債券は続伸。長期金利は1.40%台へと低下。・・・・

続きを読む