10月の雇用者数が市場予想を上回り、発表直後はドルが買われ、114円台に乗せたがその後失速。米長期金利が1.43%台まで低下したこともあり、113円30銭までドル安が進む。ユーロドルは続落し、2020年7月以来となる1.1514を示現。株式市場は雇用者の上振れを好感し、3指数が最高値を更新。インフラ法案が可決したことも材料視され、ナスダックとS&P500は7営業日連続で最高値を更新する。債券は続伸。長期気金利・・・・

続きを読む