「野村グローバルAI関連株式ファンド Bコース(為替ヘッジなし)」は、2017年2月の設定から4年半余りの運用が経過し、設定来の騰落率は2021年9月末時点で113.12%と、2倍以上に値上がりした。高い運用成績の背景には、同ファンドが着目する「AI(人工知能)関連株式」の高い成長があることは当然だが、それら関連企業群を選別し、ファンドにしっかりと組み入れる運用担当者の目利きの力も優れていた結果といえる。同・・・・

続きを読む