ドル円は米長期金利の低下を受け、朝方には113円39銭まで売られる。その後は上昇に転じ113円80銭台で取引を終える。ユーロドルは膠着感を強め、依然として1.16を挟む展開が続く。株式市場はナスダックが小幅に続伸したものの、ダウとS&P500は反落。前日最高値を更新したダウは266ドルの大幅安。債券は続伸し、長期金利は1.54%台まで低下。金は反発し、原油は2ドルに迫る大幅安。 9月耐久財受注     ・・・・

続きを読む