ドル円はじり安となり一時は111円を割り込み、110円91銭まで下落。米長期金利の低下が重荷に。ユーロドルは小幅に反発。1.16台を回復し、1.1607まで上昇。ユーロ圏の9月のCPIが13年ぶりの高水準だったことがユーロの支えに。株式市場は3指数が揃って大幅反発。ダウは482ドル上昇し、S&P500も49ポイントの上昇。債券は続伸。長期金利は1.46%台に低下。金と原油は続伸。

   9・・・・

続きを読む