ドル円は続伸し、110円35銭まで上昇。「中国恒大集団」の信用不安が一時和らぎ、長期金利が上昇したことでドルが買われた。前日1.16台後半まで売られたユーロドルは反発。1.1750まで買われ、対円でも129円台半ばまで上昇。株式市場は大幅に続伸。恒大に対する懸念が後退したことや売られ過ぎた反動から主要株価は急上昇。ダウは前日の大幅高に続き500ドルを超える上昇。債券は急落。長期金利は大幅に上昇し、1.43%台・・・・

続きを読む