ドル円は続落し、NYの午後には131円60銭まで売られる。ISM製造業景況指数が前月に続き低下したことからドル売りが優勢に。米長期金利の低下もドル円にとって重石に。ユーロドルでもドル安が進み、ユーロは1.0275まで上昇。株式市場は4日ぶりに反落。日中では上昇する場面もあったが、利益を確定する売りが優勢となり、3指数は小幅に下落。債券は続伸。長期金利は4月7日以来の低水準となる2.57%台まで低下。金は4日続・・・・

続きを読む