がん・代謝系疾患新薬開発を手掛ける益方生物科技(上海)股フェン(688382/上海)が7月25日、上海証券取引所の科創板に新規上場した。公開価格18.12元に対し、初値は22.74%低い14.00元だった。終値は同15.62%安の15.29元だった。

 

 同社は2013年設立で、20年に株式会社化した。グローバルな視野を持ったイノベーション型新薬研究開発企業で、非小細胞肺が・・・・

続きを読む