半導体CMP装置メーカーの華海清科(688120/上海)が6月8日、上海証券取引所の科創板に新規上場した。公開価格は136.66元に対し初値は71.96%高い235.00元だった。終値は同63.98%高の224.10元だった。

 

 同社は2013年設立で、20年に株式会社化した。半導体専用設備の研究開発、生産、販売と技術サービスを主業務としている。主な製品はウエハーの表面を・・・・

続きを読む