米国の株式市場が下げ止まり、久しぶりにリスクオン相場が戻ってきたものの、ドル円相場は依然として上値が重く、1ドル=127円台を細く上下している。1ドル=131円台にまで円安が進んだ時には、このまま一気に円安が進むのかと思われたが、ここにきてマーケットは大きなトレンド転換を探っているようにも見える。外為市場の6月相場はどんな展開になるのか・・・。外為オンライン・アナリストの佐藤正和さん(写真)に6月相場の見通・・・・

続きを読む