ロシアによるウクライナ侵攻が始まって3カ月が経過し、原油や食糧など原材料価格は大きく上昇することになった。その一方で、3月に実施された米国の金利引上げ=金融引き締めへの政策転換によって、ドル円相場は大きく円安が進んでいる。20年ぶりの水準となる「1ドル=129円41銭」まで円安が進行。しかも、米国の金利は今後も上昇を続けそうだ。加えて、日本では間もなくゴールデンウィーク(以下、GW)が始まる。この期間には、・・・・

続きを読む