堅調だったドル円は欧州時間からNYにかけては売られ、115円62銭前後まで下落。NYではFOMC議事録が公開され、米長期金利の上昇に伴い116円台を回復。116円18銭まで反発。ユーロドルは小幅に水準を切り上げ、1.13台で推移。株式市場は前日までの「リスクオン」が急速に後退し大幅安に。公開されたFOMC議事録がタカ派的であったことから3指数が大きく売られ、中でもナスダッックは3.3%の下落。債券は急落。タカ・・・・

続きを読む