三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「コモディティ・アルファ戦略ファンド」が12月14日に新規設定された。インフレ時に価格が大きく動きやすいコモディティの特性を捉えたロングポジション(買建て)に、先物のショートポジション(売建て)を加えることによって安定的な投資収益の獲得をめざすファンドだ。同ファンドの開発の意図と運用の特徴について、三井住友DSアセットマネジメント投信営業部の塩出景子氏と、実質・・・・

続きを読む