順豊同城(09699)が12月14日、香港メインボードに新規上場した。公開価格16.42香港ドルに対し、初値は7.43%下回る15.20香港ドルだった。その後、14.56香港ドルの安値を付けて弱い。

 同社は、中国最大のサードパーティのオンデマンド配信サービスプラットフォーム。あらゆるタイプの製品とサービスの配信シナリオを完全に網羅するマルチシナリオビジネスモデルを採用し、食品配達などの成熟したシナリオから、地元の小売、地元のeコマース、地元のサービスなどの成長シナリオに至るまで、幅広いサービスをカバーしている。(イメージ写真提供:123RF)