(決算速報)
 ピックルスコーポレーション <2925> は9月24日の取引時間終了後に22年2月期第2四半期累計利益予想の上方修正を発表した。原料の野菜の仕入価格が想定よりも安定的に推移している。通期予想据え置いたが、通期も上振れが濃厚だろう。収益拡大基調を期待したい。株価は上場来高値更新の展開だ。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。
 
■22年2月期2Q累計利益予想を上方修正、通期据え置きだが上振れ濃厚
 
 22年2月期第2四半期累計の利益予想を上方修正した。天候が比較的安定し、原料として使用する野菜の仕入価格が想定よりも安定的に推移している。
 
 修正後の第2四半期累計連結業績予想は、従来予想に対して売上高を1億68百万円下方修正、営業利益を3億82百万円上方修正、経常利益を4億07百万円上方修正、親会社株主帰属四半期純利益を4億10百万円上方修正して、売上高が前年同期比0.1%増の244億23百万円、営業利益が24.8%増の22億32百万円、経常利益が24.4%増の23億07百万円、そして親会社株主帰属四半期純利益が26.1%増の16億30百万円とした。
 
 通期の連結業績予想は据え置いて、売上高が21年2月期比1.0%増の465億円、営業利益が5.1%増の28億50百万円、経常利益が3.9%増の29億40百万円、親会社株主帰属当期純利益が3.7%増の19億円としている。配当予想は21年9月1日付株式2分割遡及換算後で21年2月期と同額の17円50銭(期末一括)である。
 
 第2四半期累計利益予想を上方修正して、通期予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が52.5%、営業利益が78.3%、経常利益が78.5%、親会社株主帰属当期純利益が85.8%となった。通期予想も上振れが濃厚だろう。収益拡大基調を期待したい。
 
■株価は上場来高値更新の展開
 
 株価(21年9月1日付で株式2分割)は上場来高値更新の展開だ。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。9月24日の終値は2265円、今期予想連結PER(株式2分割考慮後の会社予想連結EPS147円81銭で算出)は約15倍、時価総額は約291億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)