注目されたパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長のジャクソンホール会議でのリモート講演を受けて、マーケットでは米ドルが売られたのちに買い戻された。テーパリング(資産買取縮小)がすぐに実施される可能性が低くなり、株価が上昇し、債券や金も買われるという状況になっている。アフガニスタン情勢も懸念材料のひとつだが、金融マーケットへの影響は少なそうだ。外為オンラインアナリストの佐藤正和さん(写真)に9月の為替相場・・・・

続きを読む