ドル円は売られ、109円19銭までドル安が進む。米景気の鈍化懸念が再燃し、長期金利が低下したことでドル売りが優勢となった。ユーロドルはドル安の流れにも水準を変えず。上昇は1.1890で止まり、1.19台には届かず。株式市場はISM製造業景況指数が予想を下回ったことで景気敏感株を中心に売られる。ダウは97ドル下げ、ナスダックは金利が低下したことから小幅高。債券相場は景気ピークアウト懸念から上昇。長期金利は再び1・・・・

続きを読む