ドル円は朝方のPECデータを受け下落。110円48銭までドル売りが進んだが、株価や長期金利の上昇に、110円80銭近辺まで反発して越週。ユーロドルは方向感の欠ける展開が続く。1.19台半ばを挟みもみ合う。株価はまちまち。ダウは237ドル上昇したものの、ナスダックは金利上昇の影響もあり小幅安。S&P500は最高値を更新。債券は続落。長期金利は1.52%台に上昇。金は反発し、原油は続伸。 5月個人所得   ・・・・

続きを読む