FOMCでは予想よりもタカ派的だったことで米金利が上昇。ドル円も110円72銭と、約2カ月半ぶりの水準まで上昇。ユーロドルは下落。5月6日以来となる1.1995までユーロ安が進む。株式市場ではFOMCを受け3指数が揃って大幅に下落。ダウは3日続落で一時は3万4000ドルを大きく割り込む場面も。債券は売られ、長期金利は一時1.59%台まで上昇し、高値圏で引ける。金は反発。原油は小幅に続伸。 5月住宅着工件・・・・

続きを読む