ドル円は米5月のCPIが市場予想を上回ったことを受け109円80銭まで上昇。ただその後は、物価上昇は一時的だとの見方が広がり長期金利の低下に沿う形で下落。 ユーロドルはECBが予想通り政策維持を決めたこともあり1.21台半ばから後半でもみ合う。
 株式市場は3指数が揃って上昇。S&P500は19ポイント上昇し、最高値を更新。ナスダックも1万4000ポイントを回復する。
 債券は続伸。CPI発表後売られたがその後上昇に転じる。長期金利は1.43%台と、3カ月ぶりの低水準に。金と原油はともに上昇。

新規失業保険申請件数     →  37.6万件
5月消費者物価指数      →  0.6%
5月財政収支         →  -1320億ドル

ドル/円    109.31 ~  109.80
ユーロ/ドル  1.2144 ~  1.2194
ユーロ/円   133.04 ~  133.76
NYダウ   +19.10  →  34,466.24ドル
GOLD   +0.90   →  1,896.40ドル
WTI    +0.33   →  70.29ドル
米10年国債 -0.059  →  1.432%

【本日の注目イベント】

英  英4鉱工業生産
英  英4月貿易収支
英  G7首脳会議(英コーンウォール、13日まで)
米  6月ミシガン大学消費者マインド(速報値)

 米5月のCPI発表と、ECBの政策発表の重大イベントを受けて、それなりの動きはありましたが、それでもドル円は結局109円台を上にも下へも抜け切れない展開でした。これで来週のFOMCを終えても109円台で推移しているようだと、さらに膠着感が強まる恐れもあります。

 米5月のCPIは前月比「0.6%」の上昇でした。さらに前年同月比では「5.0%」と、2008年8月以来となる上昇率です。本来ならこの発表を受け、株と債券が売られ、長期金利が上昇することでドル円が買われるシナリオを描き易くなりますが、昨日の動きはやや異なっていました。
 発表後、債券は売られ長期金利が上昇し、ドル円も109円80銭まで買われましたが、その後金利が急低下したことでドル円も値を下げ、109台前半まで押し戻されています。CPIは市場予想を上回ったものの項目別の内訳を見ると、中古車・トラックが全体の上昇分の3割を占めており、「FRBが資産購入の縮小を急ぐほどの内容ではない」といった見方が急速に広がり債券が買われました。
 長期金利は1.43%台まで低下し、3月3日以来の低水準を付けています。ただ米国では物価上昇圧力は続いており、政府の経済対策を一因とした財への強い消費需要で受注残の増加や在庫不足が生じたほか、コロナ対策の制限措置解除やワクチン接種の広がり、社会活動の増加は、サービス需要の拡大につながっており、インフレ要因になっている(ブルームバーグ)ことは確かのようです。

 ECBは10日の理事会で、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の購入を高いペースで続ける方針を決め、政策金利も据え置きました。ラガルド総裁は政策発表後の記者会見で、「市場金利の持続的な上昇が経済全体の調達環境のタイト化を招く可能性がある」とし、「そのようなタイト化は時期尚早であり景気回復へのリスクになる」と指摘。そのため、「年初の数カ月を著しく上回るペース」での購入を続ける理由だと説明しました。ECBは最新の経済見通しも発表しましたが、緊急購入プログラム終了の時期については、「PEPP終了の議論はそのうち始まるが、現時点では尚早だ」としています。

 中国全人代常務委員会は10日、外国が中国を制裁した場合に報復する「反外国制裁法」を成立させました。これは米バイデン政権が進めている「中国包囲網」を念頭に置いたもので、中国へ制裁を加えた場合、「やられたらやりかえす」ことを正当化するための法案です。「法的根拠が整ったことで、今後はより強力な報復措置を発動できるようになるとの見方がある」(日経新聞)といったように、中国も相手国の制裁に対して一歩も怯む構えはありません。G7諸国を中心に、新疆ウイグル地区や香港の人権問題を非難する声が高まり、米国では関係する中国高官の資産凍結に踏み切るなど、中国に対する制裁措置の発動が続いています。
 トランプ政権では「関税引き上げ」と言った伝家の宝刀を武器に中国と対峙してきましたが、バイデン政権では米国単独ではなく、同盟国を巻き込んだ組織的な面で対抗しています。米議会では民主、共和を問わず、中国への強硬策では一致していると言われています。

 ますます動きの取れないドル円ですが、ここはこまめに利益確定をしていくしかありません。それでも「根っこの美味しい部分」はキープしておく必要があるとは思いますが、ドルが下がったら買い入れる余裕は保持したいところです。

 本日のドル円は109円~109円80銭程度といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)