ドル円は小幅に反発したものの109円には届かず。ドルがユーロやポンドに対して買われたことが円にも波及。108円95銭までドル高に。ユーロドルは続落し、昨年11月以来となる1.1810までユーロ安が進む。株式市場は続落。ダウは前日比プラス圏で推移していたが、引けにかけて値を崩し3ドル安。ナスダックは大きく売られ265ポイント安。債券相場は3日続伸。長期金利は1.60%台に低下。中東スエズ運河で大型タンカーが座礁したことを受け金と原油は上昇。原油は3ドル42セント買われ61ドル台に。


2月耐久財受注               →  -1.1%
3月マークイット製造業PMI        →  59.0
3月マークイットサービス業PMI    →  60.00


ドル/円  108.63 ~ 108.95
ユーロ/ドル 1.1810 ~ 1.1839
ユーロ/円  128.36 ~ 128.71
NYダウ  -3.09  → 32,420.06ドル
GOLD  +8.10 → 1,733.20ドル
WTI  +3.42 → 61.18ドル
米10年国債  -0.012 → 1.608%


【本日の注目イベント】

独   独4月GFK消費者信頼感
欧   ユーロ圏2月マネーサプライ
欧   ECB経済報告
米   新規失業保険申請件数
米   10-12月GDP(確定値)
米   バイデン大統領、記者会見
米   ウィリアムズ・NY連銀総裁講演、BISイベントで講演
米   デイリー・サンフランシスコ連銀総裁講演(オンライン)
米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演(オンライン)
米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演(オンライン)
米   クラリダ・FRB副議長講演(オンライン)

 米10年債は引き続き落ち着いた動きを見せ3日続伸。長期金利は一時1.58%台まで低下する場面もありました。それでもドル円はユーロドルやポンドドルでドル高が進んだこともあり、108円95銭までドル高に振れましたが、109円には届いていません。今回の下落でも108円40銭近辺で下げ止まり底堅い動きは見せたものの、上値も限定的になっています。ユーロやポンドは米金利が低下しても買われる傾向がありますが、円については米金利との相関がより強く、昨日のドル円の上昇はユーロ安などが波及したものと見られます。ナスダックは再び大きく下げ、長期金利が低下する中でも売られました。

 スエズ運河で、日本の今治造船グループが所有する大型コンテナ船が砂嵐と強風の影響により座礁とのニュースで、金や原油が買われています。座礁したのは台湾のエバーグリーン・マリンが運航する大型コンテナ船「エバー・ギブン」で、全長400メートルもあるそうです。エジプトのスエズ運河庁は通行再開の時期についてはコメントしていませんが、「エバー・ギブン」の船体が運河をふさいだ格好となり、紅海と地中海を往来する船舶少なくとも100隻が通れなくなっている(ブルームバーグ)ようです。この事故でWTI原油価格は前日比3.42ドル上昇し、61ドル台を回復しています。

 パウエルFRB議長は前日に続き、昨日は上院銀行委員会で証言を行いました。その中で、高止まりしている失業率に触れ、「労働市場への参加が拡大していることが失業率を高い水準にとどめている」との認識を示し、それは「極めて望ましい結果だ」と述べています。また金利上昇について議長は、「これまでの利回りの上昇は秩序立った動きだ。秩序立った動きでなかったら、私は懸念するだろう」と、これまでの発言を繰り返したにとどまっています。一方イエレン財務長官の証言では、エリザベス・ウォーレン議員と意見が一致せず衝突したと報じられています。

 先週アラスカで行われた初の米中外交のトップ会談では異例ずくめで終わりましたが、ブリンケン国務長官は同盟国に対して、米国と中国のどちら側につくかという選択を迫ることはしないと述べています。ブリンケン氏は、「米国が同盟国に、対中国で敵につくのか味方になるのかというような選択を強いることはない」とし、「われわれが依拠するのは新機軸であり、最後通告ではない」と語っています。バイデン政権の外交が正式にスタートしましたが、中国に対しては対話の余地を残しながらもこれまでの強硬姿勢を崩さず、さらにロシアや北朝鮮などとも難しい外交が控えています。そんな中米国は、日本、オーストラリア、インドなどを巻き込み、単独ではなく連合体で対峙する路線を推し進めています。今回の発言で、日本など同盟国にとっては目の前の「踏み絵」を引っ込めてくれた格好となり、4月に訪米する菅総理にとっても、「やれやれ」といったところでしょう。

 ドル円は109円台が近いようですが、まだ109円台に乗せその水準を維持できる状況でもありません。サポート要因は米金利です。1.6%前後まで下げたとは言え、まだ先高感は依然として残っています。長期金利が再び1.7%台に乗せるようなら、リスクオンからドルが再び上昇する可能性は十分にあると考えます。足元の動きはドル高局面での調整と見ており、コロナの収束、大規模な経済対策、GDPの上振れといった「メイン・シナリオ」はまだ崩れていないと思います。

本日のドル円は108円40銭~109円20銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)