中国の経済政策の重要な方針が発表される全国人民代表会議(全人代)の開催日3月5日が迫ってきた。大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏は2月19日、「中国:急回復する中国経済と全人代の注目点」と題したレポート(全9ページ)を発表し、今回の全人代の注目ポイントをあげている。レポートの要旨は以下の通り。 ◆中国では旧正月(春節)の時期のずれによる影響を避けるため、鉱工業生産や小売売上、固定資産投資、貿易と・・・・

続きを読む